​絆忘れない!

陸前高田

撮影日 2011・07・28 AM10:16~AM11:01

高田町法量では、津波浸水高は17.6mに達していた。

犠牲者数は、人口 24,246 人に対し 1,757 人(行方不明者含む。)であった。

津波による被災世帯数は、全 8,069 世帯のうち 4,063 世帯(50.4%)に達した。

被災世帯数の 93.6%となる 3,801 世帯が全壊であった。

地震による被災世帯数は、全 8,069 世帯のうち 3,967 世帯(49.1%)に達した。

被災世帯数の 99.4%となる 3,943 世帯が一部損壊であった。 
地震と津波により本市の全世帯の 99.5%が被害にあった。陸前高田市発行hazard1.pdfより引用

全く建物は見られない

 集落は消えた

奇跡的に津波に耐えた奇跡の一本松

いたるところで道路復旧工事

 道路も全壊し寸断

グランドもスタジアムも全壊

 津波の高さを如実に表している

 美しかった海岸線はもうない

 橋に巨大な丸太が

巨木もなぎ倒された

 陸前高田キャピタルホテル1000

津波のすごさを物語っている

 とにかくすごいガレキの量

高架道路も陥落

ここでも津波想定区域の標識が

重量鉄骨の鉄橋も無残に

雇用促進住宅第二宿舎も4階まで水没

全く原型の予想すらつかない

 海岸は全壊

犠牲者が出たところには棒杭に赤いきれが 巻かれている

 陸前高田松原「道の駅」

陸前高田市民体育館も津波にのまれる