丸山公園周辺

丸山公園周辺は、京都でも有数のポケモンスポットとして紹介

1886年(明治19)開設の市最古の公園。八坂神社の東、東山を背に約86,600㎡あり、回遊式日本庭園を中心に、料亭や茶店が散在、四季を問わず風情がある。京都随一の桜の名所。

​下河原は、江戸時代初期、豊臣秀吉の正室である高台院がこの地に高台寺を建立。それに伴って連れてきた芸人が住み着いたのが、後の花街の始まりといわれる。下河原の芸妓は「山根子芸者(やまねこげいしゃ)」と呼ばれ、当時祇園などにいた「茶屋女」とは違い、遊女めいたところがなく、芸に優れていて人々を魅了した。

高台寺は、豊臣秀吉の正室北政所が秀吉の菩提を弔うため創建。今は表門、開山堂、霊屋と茶室傘亭・時雨亭(いずれも重文)観月台等を残す。秀吉と北政所の坐像を安置する霊屋内部の須弥壇などにほどこされた蒔絵文様は、「高台寺蒔絵」として有名。茶室傘亭の天井は、丸太と竹とで組み、から傘を現わした珍しいもので、時雨亭とともに、桃山時代茶室建築の代表的なもの。

訪問回数 83

丸山公園・下河原・高台寺周辺のスポット情報

​八坂神社から北へ歩き、丸山公園へ入ると、隣接するスポットは花盛り。

あっという間に10数匹Get

​公園内には、早朝にも関わらず若者たちがポケモンを楽しんでいた。

前回から少し空きましたが、2016/08/28再訪問。

期待を裏切らない成果に大満足。「カブトの巣」は「イワークの巣」に変更された模様。2016・12・12 現在「ワンリキー」の巣 10~15/時 捕獲可

​隣接する知恩院・八坂神社へと足を延ばす。

丸山公園_枝垂桜

「祇園の夜桜」として有名な祇園枝垂桜です。 正式名称は「一重白彼岸枝垂桜」 現在の桜は、右京区の植木職人・十五代佐野藤右衛門氏により、昭和初年に種子を採って育てられた二代目で、初代の桜が枯れた後の昭和24年に寄贈され移植されたものです。