西京極総合運動公園

昭和天皇御成婚奉祝記念事業として誕生した総合運動公園です。
昭和21年には,第1回国民体育大会が開催され,陸上競技場は第二種公認,水上競技場は甲種公認として発足し,競技場の改修,京都市体育館,プール施設(京都アクアリーナ)などの整備を経て現在に至っております。
昭和63年の京都国体や身体障害者スポーツ大会では主会場となり,全国高校駅伝など全国規模の大会から市民の手軽なスポーツ,散策の場として,広く利用されています。          <京都市情報館より>

京都市体育協会map 引用

西京極総合運動公園のスポット情報

訪問回数 5

​日中に訪れたせいか、全く成果は上がりませんでした。Getは6匹と最悪。

​2016・12・12現在は、「ヒトカゲ」の巣 10~15/時 捕獲

わかさスタジアム

2009年には命名権導入により、地元京都の企業・わかさ生活が応募。名称をわかさスタジアム京都へと変更した。