​京都府立植物園

京都府立植物園は、日本で最初の公立植物園として、1924年1月1日に開園した。

園内には面積24ヘクタールの広大な敷地に約12000種類、約12万本の植物が植えられている。日本の四季の花が見られる花壇や洋風庭園、熱帯植物を集めた温室がある。北半分は半木(なからぎ)の森と呼ばれる自然に近い森を利用した生態植物園などがある。

このスポットは、「ゼニガメの巣」と呼ばれるほど、圧倒的に「ゼニガメ」が多かった。

ゼニガメを進化させたカメールを更に進化させ、カメックスを作るのに訪問。

3時間で29匹Get。ウォーキング7.8Km

訪問回数 3

粟田口神宮道・知恩院のスポット情報

京都府立植物園のスポット情報