先人の職人達から学ぶ

先人達の心がまえを伝えていこう!

物造りに励んでいる職人達の皆さん、先人達が歩んで来た道を、多くの人に理解してもらう事は重要な事だと思っています。現代の建築においては、木材はほとんど四角に成形されてしまっている。 

木の育った環境やその木のもつ癖も分からず、ただひたすら成形しつづけ、規格化した物造りを推し進めようとす人々。 

先人達が、使用する木材の一本ずつを用途毎に分別し、その木の癖を熟知し配置して建物を建てていったのに・・・・・

それが、木配りであり<気配り>なのだ。 木の気持ちを分かって配置する。それは棟梁が自らの経験と知識を活かして墨付けを行った。 

現代社会においては、やれ耐震だとか何だかんだ言って 、木に呼吸すら与えず、構造合板を貼付ている。

その事自体悪いとは言わないが、やたら規格の釘を無数に打ち続ける。 

きっと数年したら、柱や梁は楔を打ち込まれたのと同じで、ずたずたに割れてしまうだろう。

先人たちは、道具の手入れを入念に行い、気持ちを集中させ自分の持っている技術の全てを発揮し、互いに競い合う事により個性のある独創的な物を作り上げてきた。

それが他国にも自慢できる日本建築の素晴らしさであり、美しさだと思います。 

職人が金儲けに走り、中途半端な親方が増え続け、この道の門をたたく若者達に技術を伝承する事を忘れてしまった。

住宅メーカーの商法に呑み込まれ、肝心な事を置き去りにしてしまった。 きっとこの付けは近年中に来るだろう。

先人達が残してきた財産を10年や20年で葬ってしまうのは、いかがだろうか。 

建築資材として、何の根拠もなく擬似的な商品を作り上げ、その結果、今になって「エコ」なんてちゃんちゃらおかしな話である。 

本来、道具というものは、職人達が不便さを感じ、またより高い技術を求めた結果生まれてきたものである。 

理がわからず物を造ることは、怖いことである。 

 

我々団塊世代は、戦後の日本経済の復興と飛躍的な躍進に多大に寄与してまいりました。 

ハングリー精神と強靱な肉体・精神力においても、他国の追随を許さずに・・・・ 

近年日本経済の衰退と、国際的にとらえても日本の立場は影がうすく、先進国からも見放されているように思えてなりません。 

これからの日本を、若い活力ある人達に負担をかけていてよいのでしょうか? 

我々団塊世代の職人集団のもっている、より深い技術や、感性を再度ほりおこし、よりよい物造りに励み、

技術の伝承に努める等建築の分野のみならず、我々が出来ること、しなくてはならないことは多々あると思います。

Artisan population of baby boomers Architecture 

団塊世代の建築職人集団